神奈川で土日休みの転職をする

神奈川で土日休みの仕事を探すとき、雇用形態はどうする?

神奈川で土日休みの仕事に転職する、というのは「正社員で」「○○職で」「月給いくらで」と条件を上積みしていくと、少々厳しいかもしれません。現在は非正規雇用の求人が多いので、土日休みの転職をするために、派遣や紹介予定派遣で求人をさがすのも一つの方法です。事務職は土日休みの会社が多い人気の職種ですが、正社員・派遣・アルバイト・パートと様々な雇用形態があり、神奈川は事務職の非正社員枠の募集も多いです。

企業の事業内容から、土日休みの求人をさがす

また職種と問わず土日が休みの企業は、官公庁を相手にする仕事や病院関係が相手の仕事、電気・ガス・水道事業者の関連会社、非営利団体企業での仕事、銀行関連業務などがあります。取引相手がどこかで、会社の休みは決まってきます。もちろん取引相手ではなく、勤める会社が前述のような企業の場合も、土日休みです。自分の職務内容の理解はもちろん、転職先の会社の事業内容も良く見ておきましょう。特に公的機関への書類の提出や打ち合わせの業務を中心とする企業は、受付時間が限られていますので定時勤務が多いです。
つまりBtoC(企業対消費者間取引)の会社よりBtoB(企業間取引)の会社を選ぶことが、土日休みの転職ができる可能性が高いです。販売職は厳しいかと思いますが、このようなBtoBの会社の営業職・事務職・技術職はほぼ土日休みであることが多いです。法人サービスの会社は顧客先の会社が退社時間になれば終了ですが、一般消費者サービスは長い時間の窓口業務のニーズがあるからです。一般消費者のニーズが24時間、365日という年中無休のサービスの需要が高いので、BtoCの会社での土日休みは厳しいでしょう。

土日休みと他の希望条件の優先順位を決める

土日休みを優先させるなら、雇用形態や職種は2番手にして、条件を折り合わせて選びましょう。給与や通勤地、雇用形態を選ばなければ、それほど転職は難しくはありません。何を重視して転職活動するのか、自分にとっての優先順位をはっきり決めておくと、何千・何万もある求人募集から、「土日休み」+αの希望にあうものを選びやすいです。ただし、条件の良い人気の求人には応募が殺到するので、書類や面接で十分アピールしましょう。
厳しい転職活動で採用を決めるには、自分の希望と会社の希望が、一致しなければなりません。自分の仕事に対する価値観や理想を明確にしつつ、過去の成績・成果を言葉や文字に表せるよう整理しましょう。「自分にとって仕事とはどういうものか」「何を重視するか」をはっきり示せる人ほど、転職活動期間は短く充実したものになります。ぜひ整理してみてください。

転職するときにおすすめの業界は?

業界の事業所と求人数の多さ

求人数が多いと、それだけ転職の可能性も広がります。今現在、事業所が増え従業員も多くなってきているのは、医療・福祉とサービス関連(情報・飲食)です。中でも、サービス関連の業界は年々競争も激化しており、それぞれのニーズによって多様化されているので、今後も求人が増加傾向です。しかし「求人が多いなら、すぐ転職できそうだな」と甘くみると思わぬ落とし穴もあります。会社によっては求人募集内容と実際の就業内容が違うことがありますので、しっかり確認しておきましょう。そのほかには総合商社・建築関連の求人や、運輸・郵便業も配送・宅配サービス商品の拡大で求人は増えています。学術系や教育関連は全体でいうと元々少なめですが、求人数は少し増えてきています。

おすすめは医療・福祉、卸売や小売の業界

以上から、今おすすめの業界は、求人件数の多さから病院・福祉です。国家資格が必要な職業もありますが、事務方は資格なしでも働くことができます。資格が必要な「医療事務」や「調剤薬局事務」も試験自体は難関ではありません。そして、病院関係の仕事は土日や祝日が休みのところも多く、過度な残業も少ないです。加えて医療・福祉関係の業界の仕事は、経験者が好まれる傾向にありますので、この業界での仕事が自分にあうならば、例え転職先でうまくいかなくても次につなげることができます。
情報サービス・飲食サービスなどを始めとしたサービス業も、求人件数が多いです。ただし職務内容や就業条件の確認を怠ると、いざ入社する時に「求人には載せてなかったけど、実は残業や休日出勤がある」や「これとは違う仕事もやって欲しい」と言われることがあります。「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないように、見極めてください。
次におすすめの業界は、事業所数が多い卸売業や小売業です。前職が卸売や小売だったりする人も、多いと思います。扱う商品やサービスによって違いますので、魅力を感じるものがあれば、お勧めの業界です。また前職が違う業界で、未経験であっても転職しやすく、仕事のイメージがわきやすいのも利点です。ただし企業間の競争は激しいので、営業職希望の方は注意してください。

マイナーな業界も、条件があうならおすすめ

逆に求人数は少ないですが、「ニッチ産業」といわれる狭い業界もお勧めです。競争相手の少ない業界なので会社が安定しています。転職後は、その会社だけの専門的な仕事をするので、仕事内容が合えば長く働けます。ただ特殊なものを扱う狭い業界なので、他の業界への転職はつぶしが効きづらいです。一社で長くしっかり働きたい人には、良い業界です。

転職するときにおすすめの職業とは?

求人が多い職業は、それなりの条件がある

転職に強いイメージと言えば、技術職・専門職でしょうか。確かに求人が多い割に、応募数は満たされていないようです。しかし技術職・専門職の転職で難しいのは、実務経験がどうなのか、という点です。経験の有無、経験の熟練度で採用の合否はハッキリわかれます。未経験で技術職や専門職の資格を取得しても、職業によりますが状況は少し厳しいでしょう。例えば取得難関な国家資格は強力な武器ですが、何年も勉強だけして、実務経験がゼロの人はより、実務経験が3年ある人の方が転職はしやすいですね。ここは年齢が現在いくつなのか、という点で転職できるかどうかの線引きが一つあると思います。
未経験でも求人が多い販売サービス業を転職先に選ぶ人は、求人数が多いので勤務地や給与の条件はある程度は選ぶことができます。ただし、仕事内容から残業が多かったり、勤務時間がシフト制だったり、イレギュラーな生活になりやすいので自分の希望に沿っているか考えて判断してください。

人気の事務職、つぶしがきく営業職

転職したい職業を事務にこだわるなら、医療・福祉の事業所が多いことから医療事務・調剤薬局事務がおすすめです。女性が多く、20~30代の結婚・出産まで働き、辞めてから再び仕事に就くパターンが多く、人気です。資格も勉強すれば半年程度で取れるものです。ただし人気ゆえに、長く働く人もいますので、一定の求人募集は望めません。
また一方で、現在の中小企業では中核人材の不足が深刻化しています。上位から「マネジメント」「商品開発」「販路開拓人材」の次に、「財務・会計人材」が挙げられていることもあり、簿記や会計士の資格の勉強は将来にわたって役立つ可能性が大です。
営業はどんな仕事でもつぶしがききます。営業職に良いイメージがある人なら、一番お勧めです。自らの仕事の出来高が数字になって現れるので、成績が出るとモチベーションが上がる人や競争意識が強い人には向いています。
また営業事務も同じ理由でつぶしが効く職種です。女性も多く活躍している職種ですが、将来営業にも事務にも転職できます。
ただし、すべての職種に言えることですが、同じ職種でも会社ごとに業務内容は違ってきます。業界や取引先で業務内容は違ってくるので、「自分は何が得意で、どのような業務に特化しているのか」、それを是非分析してください。同じ職種に転職しようとしても、求人募集側の求める条件でなければ、転職は成功しません。時間をロスしないためにも、そこはチェックしておいてください。

第2新卒 転職 成功

神奈川で正社員転職で気を付けること

転職における希望条件のうち、「正社員で働く」は何番目なのか

正社員の転職で気を付けることは、まず自分の希望する条件を多くても3つに絞り、転職先を探しましょう。近年、神奈川では正社員求人数は増加傾向にあります。しかし人気の職種への求人へ応募が偏り、働き方にこだわると正社員の募集がない場合があります。特に25歳から34歳までの年齢で、希望している職種に正社員枠がなく、仕方なく非正規雇用の形態で働く人が増えています。全国的にも年々非正規雇用の求人は増えており、H26年の求人の4割弱は非正規雇用の求人です。
神奈川で正社員で転職したいと思ったとき、自分にとってベストな働き方はどんな条件なのか考えてみてください。例えば神奈川県で求人倍率が高い事務職は、正社員で求人をさがすと、希望するその他の条件(勤務エリア・賃金・就労時間など)を諦めなければならないかもしれません。対して専門的技術的な職業やサービス業は、求人に対して応募人数が少なめです。あれもこれも、と条件を欲ばるより、働きたい条件の優先順位をつけて求人を見てみて下さい。求人と雇用のミスマッチで転職が難しい今だからこそ、「自分の働き方」を考える必要があることです。もちろん、妥協して転職後にすぐに辞めてしまっては勿体ないので、条件は妥協ではなく上手く折り合いをつけましょう。

正社員で転職したいなら

そして転職活動でアピールになる資格ですが、あればベターですが、なくても正社員で転職はできます。「これといって大した資格がない」という人は、ヒューマンスキルで勝負しましょう。なぜならある程度の資格は、勉強すれば誰でも取れるものだからです。しかし会社でその人が積み重ねた経験は自分だけのものですね。ヒューマンスキルは座学では身に付きません。転職先の面接担当者も、採用時にチェックするところなので、ぜひ職務経歴書にヒューマンスキルを示せる内容を盛り込みましょう。面接で自分の経歴や志望動機について聞かれたときに、論理的に説明することができれば、なお良いですね。
また現在は神奈川での転職を希望しているが、地元が別の地域だという人もいますね。神奈川は首都圏に隣接する都市部なので地方出身の人も珍しくありません。面接で「Uターン転職」について聞かれた場合、はっきり「残る」意思を示しましょう。神奈川はものづくり産業が全国的に多く、事業所の人数が5人未満の小規模な事業所も多くあります。「将来地元に帰るなら・・・」と採用を見送られる可能性がなきにしもあらず、です。
どのような職業でも転職を短期間で繰り返す人は、会社の人事担当者に良い印象をもたれません。転職を短期で繰り返す人は、自分の価値観と今までの仕事を照らし合わせて、じっくり考えてみて下さい。転職後に「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違った」というのは、誰にでもあることです。そのギャップを享受できる人は、どんな会社に転職しても重宝されます。転職先が自分の希望する就業条件をクリアしている職場なら、多少のギャップはあっても、すぐ辞めず、しばらく様子を見てみて下さい。転職先で自分を成長させる「チャンス」かもしれませんよ。

神奈川で事務の転職のポイント

神奈川での事務職の求人は

神奈川での事務職の求人は、他県同様にとても人気があります。平成26年度の神奈川労働局のデータでは、9万3千件の求人に対して約42万弱の求職者数です。つまり求人倍率4.5倍ですね。神奈川では事務職は男女ともに希望する人が多く、しかも神奈川県での事務従事者は職業別構成比22%でトップです。神奈川は事務職の競争率が最も高く、事務職で働いている人の割合も県内で最も高い地域ということです。では人気の事務職の求人に対して、どのように転職活動をすすめていけばよいでしょうか。

事務職に転職する準備として

まず転職前に前職が事務職ではない人は、職安や派遣会社・転職斡旋会社を利用しましょう。そこで紹介された求人に決めなくてもよいので、事務職に必要なスキルや条件をプロに聞いてください。事務経験がないなら、派遣などの非正規雇用しか条件に合う求人がなくとも、とりあえず事務の経歴を作るということも一つの手です。
そしてOAスキルに自信がない人は、登録派遣会社のサービスを利用しましょう。派遣会社には登録手続きをすれば、無料でOA研修が受講できる会社があります。また自宅のパソコンからネット上で、スキルアップ講座が受講できるところもありますので、上手く活用できれば転職への自信になります。
ただし「入力スピードが速い」「計算処理が早い」は、事務職を長年続けていく上でのスキルとして甘いので、ワード・エクセルの基本操作のほかに、マクロやAccess、PowerPointなどもできた方が有利です。自宅にパソコンがあるなら、独学でテキストを購入し勉強してもよいし、前述の派遣会社の無料研修を利用してもいいですね。競争率が高い職種なので、身に着けておいて損はありません。
他の職種から事務職へ転向希望の方は、事務職のイメージは「売上ノルマや顧客からのクレームもなく、決められたことをやればいいだけ」というイメージがあるかもしれません。しかし「決められたこと」をするのは仕事では当たり前なのであって、そこで満足していると事務職のスキルは身に付きません。事務のスキルが低いと、せっかく転職できても給与は低めです。転職後は、新しいことをどんどん吸収するつもりで頑張ってください。事務職は社内の人間関係作りもポイントです。前職の離職内容が人間関係だった、という人は特に気を付けてください。営業職・販売職・サービス業窓口や担当業務などと違い、仕事の相手は社内の人間になる場合がほとんどです。円滑なコミュニケーションがとれるような、ヒューマンスキルが必要です。会社の大小は関係なく、必ず必要です。OAスキル同様に、転職前から自分で努力できる部分です。自分で応募したい求人が出た時に、自信をもって行動できるように備えてくださいね。